前歯が虫歯になって保険治療の被せ物にするか、若しくは歯科の自費診療のセラミックの歯にするかで悩んでいる方が本当にたくさんいらっしゃると思います。

歯科の自費診療がすぐに手を出せるくらいの治療費であれば、そこまで問題にしませんが、歯科の自費診療のセラミックの歯の被せ物の値段を聞いてかなり驚くことが多いのではないでしょうか。

1本の前歯の治療だけでも、なんと15万円とか20万円という治療費を設定している歯科医院が多いです。いくら自費のセラミックの歯だとは言っても高額過ぎるし、ボッタクリなのではないか?と思っている方もいらっしゃると思います。

でも、ボッタクリではありません。だいたい歯科の自費診療のオールセラミックの歯の治療は1本15万円程度のところが多いのです。

前歯が虫歯になって被せ物が必要な方には大変に酷な話かもしれませんが、セラミックの歯は高額なのです。でも、もっと低価格で本当に高品質なセラミックの歯の治療を受けられる歯科医院がないものかと探している方もいると思いますので、前歯の虫歯の治療でセラミックの歯の治療を低価格で治療を受ける事が出来る審美歯科サービスについてご紹介をします。

スポンサーリンク

前歯の虫歯の治療のセラミックの歯科の自費診療を安く受ける事が出来る審美歯科サービス

東京の審美歯科で低価格で人気 | 低価格審美歯科サービス

歯科の自費診療のセラミックの歯の治療を低価格で受ける事が出来る審美歯科サービスとはどのようなサービスなのでしょうか?

このサービスは名称の通り、高品質な歯科の自費診療のセラミックの歯の治療を従来型の審美歯科に比べて低価格で治療をする事が出来るようになっている審美歯科サービスとなっています。

だから、本当にセラミックの歯の自費診療を必要としている方に最適な審美歯科サービスとなっています。

東京、神奈川、大阪、名古屋のエリアで展開をされている審美歯科サービスとなっているので、都市圏にお住まいの方に非常に利便性の高い審美歯科サービスとなっています。

この審美歯科サービスは株式会社Japan Dental Frontierがサービスの企画開発、運営管理をしているものです。

低価格審美歯科サービスのオールセラミックの歯の値段

歯科業界トップクラスのデンツプライシロナ社のセルコンシリーズのジルコニアが1本50,000-となっており、前歯の虫歯の治療などに良くしようをされるイボクラール社のIPS e.maxが47,000-となっており、従来の歯科医院の3分の1程度の治療費となっています。

本当に高品質なオールセラミック素材を使用をしているのに低価格で治療を受けられるという事から、この審美歯科サービスは非常に人気が高いものとなっています。

セラミックの歯、オールセラミックの歯の治療を安く受ける事が出気る人気審美歯科サービスの公式サイト→こちら

歯科の自費診療のセラミックの歯でもメタルボンドは避けた方が良い

歯科の自費診療のセラミックの歯でもメタルボンドは避けた方が良いでしょう。

メタルボンドというのは、セラミックの被せ物の内側に歯科金属を使用をしたものです。現在は歯科金属を使用をしていないオールセラミックの歯が主流となっていますが、各歯科医院にメタルボンドのラインナップ自体はあり、オールセラミックの歯よりもお値段的に安く設定をしてある事が普通です。

しかしながら、メタルボンドはせっかく自費のセラミックの歯にするのに、後悔をする原因となります。

なぜなら、歯科金属を使用としているという事による弊害があるからです。歯科金属は口の中で溶け出して歯茎を黒くしてしまう事があります。また、歯科金属を使用をしているという事で、金属アレルギーの事も心配になるでしょう。

歯科金属の弊害については下記も参照して下さい

【コラム】歯科金属と弊害 | 歯科金属の溶け出しによる歯茎の黒ずみ

ジュエリーの金属で肌が荒れるなどアレルギーがある方は歯科金属も要注意

この事から、メタルボンドにしていた方も、現在オールセラミックへの取替えを希望をして歯科医院に問い合わせをする方が非常に多いのが現状です。

オールセラミックの歯なら歯科金属の弊害を受ける事がありませんからより健康的な治療です。

メタルボンドの事について下記の記事も参考にして下さい

前歯の歯科の自費のセラミック治療を本当にメタルボンドで後悔しませんか?

オールセラミックの歯の種類にはどのようなものがある?

オールセラミックの歯にはどのような種類のものがあるのでしょうか?

オールセラミックの歯と言っても、実際には素材メーカー、製作システムメーカーで優劣があります。歯科業界的にトップクラスの品質のオールセラミック素材メーカーは下記です。

  • デンツプライシロナ社:セルコン
  • イボクラール社:IPSシリーズ
  • ノリタケポーセレン:カタナ
  • 3M社:Lava
  • ノーベルバイオケア社:プロセラ

大抵はこの種類のメーカーのオールセラミックの歯の治療を行っている歯科医院であれば、素材の品質的な問題はありません。ですから、低価格で治療をする事が出来る歯科医院を探すときに、どのメーカーのものを使用をしているのかという事をホームページなどでよく見て確認をして下さい。

セラミックの歯の値段、セラミックの歯の種類を網羅的に解説をしてありますので下記も参照をして下さい

セラミックの歯の値段は!?歯科の自費のセラミックの詰め物なども合わせて解説

前歯を保険のプラスチックの被せ物で治さない方が良い理由

前歯を保険のプラスチックの被せ物で治さない方が良い理由があります。

保険のプラスチックの歯のは所詮はプラスチックですから、遅かれ早かれ変色をしてしまいます。また、プラスチックの歯の内側には、歯科金属が使用されており、金属の溶け出しによる歯茎の黒ずみ、また金属アレルギーの心配があります。

そして、何より見た目が自然ではありません。特に前歯を保険のプラスチックの歯で治療をすると、その違和感でコンプレックスになってしまう方もたくさんいらっしゃいます。そして、結局のところ、歯科の自費診療のオールセラミックの歯に取り替えるという方が非常に多いのです。

何度も治療をするよりも、はじめから、自費診療のオールセラミックの歯にしておいたが方が良いでしょう。

でも治療費の問題がありますから、なかなか、歯科の自費診療のオールセラミックの歯の治療をする事が出来ないという方も非常に多くいらっしゃるのは理解をしています。

そんな方にこそ、株式会社Japan Dental Frontierの低価格でオールセラミックの歯の治療を受ける事が出来る審美歯科サービスの公式サイトを見て検討をしてみて下さい。

高額になりがちなオールセラミックの歯の自費診療を安く受ける事が出来る審美歯科情報

東京の審美歯科で低価格で人気 | 低価格審美歯科サービス