歯科で自費診療のオールセラミックの歯の相談をしにいくと最近はジルコニアを勧められる事が多くなりました。

でも、普通のオールセラミックとジルコニアを用いたオールセラミックの歯の治療は何が異なるのでしょうか?

ジルコニアのメリット、デメリットを解説をしていきます。

スポンサーリンク

ジルコニアを使ったオールセラミックの歯の治療のメリット

1.歯科金属、セラミック以上の強さがあり衝撃などに耐えられる

歯科金属、セラミック以上の強さがあるので、これまでは歯科金属を使用をしたメタルボンドでしか対応を出来なかったブリッジなどもジルコニアであればブリッジにする事も可能です。

また、従来型のオールセラミックの歯よりも割れづらい強度を持ったオールセラミックの歯を実現をする事が出来る。

なので、金属アレルギーの心配がありませんし、また奥歯などにも歯科金属を使わなくても充分な強度を持ったオールセラミックの歯の治療をする事が出来るのです。

2.本物の歯と見分けのつかないオールセラミッククラウンを作成できるので自然な仕上がり

奥歯などを治療をして銀歯を被せる事があると思います。でも銀歯、若しくは自費診療でも金歯というのは、一目瞭然で、替えたという事が分かってしまいます。

また歯科金属の弊害も考えられており、歯科金属が原因の金属アレルギーに、また、歯科金属の溶け出しによる歯茎の黒ずみなども出てきますから、あまり良い事はありません。

でも、ジルコニアを用いたオールセラミッククラウンであれば自然な仕上がりとなり、奥歯に使う事が出来るのでかなり安心をする事が出来ます。

3.プラスチックの歯に比べて圧倒的に歯の変色が起こらない

口の中はいつも湿り気があり、歯科の保険治療のプラスチックの歯では変色をしてしまうという事が遅かれ早かれ起こります。

けれども、ジルコニアセラミックであれば、そのような心配はありません。プラスチックの歯のように誰から見ても違和感のある変色をする事がありません。

長期間、しっかりと口の中で機能をしてくれるので長い年月で考えるとコストパフォーマンスも良いものとなっています。

4.ジルコニアセラミックは金属を使用をしないから金属アレルギーの心配がありません

ジルコニアセラミックは保険のプラスチックの歯、従来型のメタルボンドという歯科金属を使用をしたセラミックの歯のように金属アレルギーの心配はありません。

金属アレルギーはいまのところはそうではないという人も花粉症を同じように突然症状が出てくる場合もあるものですから、出来る限り歯科金属を使った治療を受けない方がより安全という事が言えます。

また歯科金属の溶け出しによう歯茎の黒ずみもあり、前歯の歯茎が黒ずんでくるとかなり憂鬱な気分になりますから、はじめからオールセラミックの歯にした方が無駄なコンプレックスにならないという事でも良いでしょう。

ジルコニアセラミックのデメリット

1.歯を削る量が多い

ジルコニアセラミッククラウンを装着をする場合には、歯を銀歯などを装着する場合よりも多く削ります。

なので歯を削る量をなるべく少なくしたいという方には多少違和感があるかもしれません。

2.ジルコニアセラミッククラウンも割れる場合もある

ジルコニアセラミッククラウンも表面はジルコニアではなく、通常のセラミックですから、その部分が割れてしまう事もあります。

デメリットというよりは、生活の範囲の中での自然磨耗のようなものと捉える事も出来るので、そこまで心配をするような事でもありません。

3.歯科の自費診療となるので治療費が高額になる事が多い

ジルコニアセラミックは歯科の自費診療となるので高額な治療費になるという事が大きなデメリットと言えばデメリットです。

ただ、最近では歯科の過剰により市場価値として、そこまで高額な治療費を請求できるものではないという考え方から経営努力により高品質なジルコニアセラミックを安く提供をしている審美歯科・歯科医院も少しづつ増加をしてきています。

ジルコニアセラミックが安く受ける事が出来る審美歯科

東京の歯科医院でなるべく費用を抑えて審美治療を受けたい!