すきっ歯 治療方法

>イラスト転載元:http://japan-dental-frontier.com/landing/column/sukippa.html

すきっ歯とは正しく歯が生えている際には隙間なく歯が並んでいるものが、隙間が通常より大きく開いてしまっているものの事を言います。

前歯で大きなすきっ歯の場合にはかなり目立ちますから、やはり容姿的に良くない影響がありますから、治したいと希望をする方も多くいらっしゃいます。

けれども、そもそもすきっ歯が審美歯科の治療で治せるという事を知らない方もいて、「生まれつきだから仕方ない」と諦めてしまっている方も多くいるのが現状です。

是非この機会にすきっ歯は審美治療のオールセラミックの歯の治療を受ける事によって歯列矯正を行うよりも短期間で治療をする事が出来るという事を知って頂ければと幸いでございます。

スポンサーリンク

審美治療のオールセラミックを用いた治療方法

セラミッククラウン ラミネートべニア

>イラスト転載元:http://japan-dental-frontier.com/landing/column/sukippa.html

審美治療のオールセラミックを用いた治療方法ですきっ歯を治す際には、前歯を削って被物(クラウン)をして隙間のないキレイな前歯に整えるという方法があります。

またすきっ歯を治すのにもラミネートベニアというセラミックの薄いチップを歯に貼り付けるという方法で治療が出来る場合があります。

隙間が大きい場合にはラミネートベニアでは不十分になります、そもそもすきっ歯を治す際の治療として採用できないという事もあります。

ラミネートベニアですきっ歯が治療が出来る場合もあるのですが、基本的にはすきっ歯を治すという事になりますと、オールセラミックのクラウンを用いた治療を行う事が最も多くなっています。

オールセラミッククラウンでの治療方法の手順

治療手順 すきっぱ

治療図転載元:http://japan-dental-frontier.com/landing/column/sukippa.html

オールセラミッククラウンの値段

オールセラミッククラウンの1本当たりの値段は、各歯科医院によってバラバラです。

ただ、全国的な平均から見ると、ジルコニアの上にセラミックを盛り付ける現在強度と審美性を兼ね備えているジルコニアセラミッククラウン(フルジルコニアではない)では1本13万円程度となっています。

当サイトで中心的に紹介をしている高品質なセルコンのジルコニアセラミックが低価格で受ける事が出来る審美歯科サービスではジルコニアセラミックが1本5万円となっており治療の検討をする価値があります。

ラミネートベニアを用いた治療方法

ラミネートベニアでの治療では歯を0.5~0.7mm程度削り、その上にセラミックで製作をしたチップを貼り付けます。

ラミネートベニアでは神経の処置が必要なく神経を残したまま治療をする事が出来るという事がメリットとされています。しかしながら、ラミネートベニアは薄いセラミックを貼り付けるだけですから、剥がれやすいですし、割れやすいというデメリットもあります。

また、ごく軽度のすきっ歯に対してラミネートベニアで対応出来るという事に留まり、いわゆるすきっ歯と認識出来るほどの歯の隙間がある場合いはラミネートベニアは適さないものとなります。

治療図転載元:http://japan-dental-frontier.com/landing/column/sukippa.html

すきっ歯の治療方法のまとめ

すきっ歯を治す事が出来ないと思っていた方も、このコンテンツを読んで頂いたことによって実は治療をする事が出来るという事を知って頂けたと思います。

ラミネートベニア、オールセラミッククラウンを用いた審美治療を受ける事がであなたの気にしていたすきっ歯を治す事は可能なのです。

また、すきっ歯が治るという事は、つまり歯並びが改善をするという事でもあります。ですから、すきっ歯の治療完了後はより整ったキレイな歯の印象になり、あなたの容姿的な印象はより良くキレイなものになるでしょう。

今まで歯の事をコンプレックスに思っていた方は、この機会にすきっ歯を治す事が出来るオールセラミッククラウンの歯を用いた審美治療や、ラミネートベニアを用いた審美治療を検討をしましょう。

当サイト おすすめ人気審美歯科サービスの詳細

東京の審美歯科で低価格で人気 | 低価格審美歯科サービス

 

スポンサーリンク