何かしらの事情で、前歯が抜けてしまった、奥歯が抜けてしまって一部歯が無くなってしまったという際にはそのまま放っておいてはいけません。

前歯であれば特に気になる事ですから放っておくという人はあまりいないとは思いますが奥歯ですとあまり見える部分でもないので、そのままにしてしまう方もいます。

でも、歯が一部抜けてしまった際に、そのまま放置をしておくと歯並びが崩れてくるという事に繋がりますし、また全体の歯に隙間が出来てくるという事の原因となりますから、無くしてしまった歯の部分を補う何かしらの歯科の治療をしておくべきです。

スポンサーリンク

歯が抜けた(欠損した際の治療方法)

インプラント(人工的な歯根を埋め込む)

インプラント

歯が抜けてしまった際に、最近こぞって宣伝広告されているのがインプラントです。

歯の根っこを人工的に作り、その上にセラミックの歯を被せて本物の歯を同様の自分の顎に歯が生えている状態にするというものです。

インプラントは1本の治療費が高く、また顎の骨に直接インプラントのネジを埋め込みますから、外科医ではない歯医者の領域ではないのではないか?という指摘もありますし、またインプラント施術中に仮に大きなトラブルが発生した際に歯科医院では対応しきれない事になりかねないという指摘もあり賛否両論となっています。

インプラントの1本の治療の値段

インプラントを提供している審美歯科・歯科医院によって治療費は様々になっていますが、だいたい15~30万円といなっています。

これはインプラントのネジを埋め込むまでの事ですから、インプラントに被せるオールセラミックの歯は基本的には別の料金となっている事が通常です。

インプラントに被せるオールセラミックの歯の値段も一本当たり12~20万円となっている事が通常です。

特に本物の歯と見分けのつきにくい高品質なジルコニアセラミックを用いたオールセラミックの歯であれば、どの歯科医院は平均13万円程度で設定をしている事が通常となっています。

従って、インプラントを一本打ち込み、オールセラミックの歯で欠損した歯の部分を補うという治療をすると合計でインプラント自体のお金と、オールセラミックの歯の金額の合計額となりますからいわゆるインプラント治療1本当たりの値段は22~50万円という治療費となるという事になります。

部分入れ歯

部分入歯

部分入れ歯を入れるという事でも対応が可能です。日中の仕事などをしている際いはそれを装着をして日常生活を送り、寝る際には装着をしている部分入れ歯をとるというのが一般的です。

部分入れ歯だと金具を使い固定をする事が一般的ですから、長年部分入れ歯を装着していると、両隣の歯の金具が当たる部分がすり減ってくるという事があります。

また、その金具で減った部分が虫歯になりやすくなったり染みるようになってきたりする事もあるようです。また、やはり部分入れ歯ではしっかり噛めないという事も悩みになってくるようです。

ですから、しっかり噛めるような歯の治療を選択をしたいところではありますね。

オールセラミックの歯を連結したブリッジで補う方法

ブリッジオールセラミックの歯を連結をして、欠損をした部分を補う方法もあります。またこの方法は前歯でも使用をする事が出来る審美性の高いものとなっています。前歯の欠損にも問題なく対応をする事が出来ます。

両隣の歯を削ってジルコニアセラミックを被せられるようにし、3本の連結したジルコニアブリッジを装着をする方法です。

確かに無くしてしまった両隣の歯を削ってセラミックの歯に変えてしまうという事がデメリットだと言われるのですが、インプラントよりも低価格であり、顎にボルトを埋め込むというインプラントではありませんから身体への今後の影響について不明な点がありません。

またインプラントではしっかりと定着するか、定着しないのかという事については実は個人の体質によってかなり異なりますから、完全に定着をして成功をするのかは不明確です。

確実に本物の歯に見えるように、そして欠損をした部分を補る事が出来るのがジルコニアブリッジを用いた治療であり、多くの方がジルコニアブリッジと選択しているのが現状と言えます。

ジルコニアブリッジでの治療の手順

ジルコニア ブリッジ
  1. 無くてしまった歯の両隣の歯を削り、ジルコニアセラミックを被せる土台を作ります

    土台とするために削る歯の本数は、お客様の欠損をしている歯の数によって適切に決定をしていきます。

  2. 欠損部分の歯茎を含めた歯型をとり、しっかりとしたジルコニアブリッジを製作します

    しっかりと自然な歯の印象になるように、最大限詳しく型をとり、色を合わせたりします。

  3. ジルコニアブリッジを口腔内に装着をして完了

    最後には口腔内に装着をして完了となります。

画像転載元→歯の欠損の治療法(株JDF公式サイト)→こちら

比較検討をするべきはジルコニアブリッジとインプラント

比較検討をするべきはジルコニアブリッジとインプラントになる方が多いのではないかと思います。

インプラントではかなり気になる点で、本当に安全なのか?という事に尽きるかと思います。何よりも顎の骨に直接インプラント埋め込むわけですから、結局のところ未来のあなた自身のカラダの事はどのようになるかわかりません。

そのようなリスクを総合的に考えると、ブリッジが両隣の歯を削らなければならいとは言ってもブリッジの方が安全性が高いと判断をする事も出来るでしょう。

また、治療費の点に於いてもインプラントの施術はかなり高額になりますが、ブリッジの治療であればインプラントに治療に比較をして負担が軽くてすみます。

この点の兼ね合いをご自身の中で考えて、インプラントもブリッジもいづれも検討をしてあなたが最も良いと思った治療を選んで最高の結果がえるべきでしょう。最高の結果を得るためには、複数の歯科医院でインプラント、ジルコニアセラミックのブリッジを施術をするための相談などをして最も良いと思う審美歯科をお探し下さい。

あなたが本当に高品質なジルコニアセラミックを他の審美歯科・歯科医院を比較をして低価格で行う事が出来るところをお探しであれば、人気の審美歯科サービスも検討の中に入れてみると良いかと思います。

高品質な審美治療をなるべく低価格で受けたい方は下記のバナーをクリックして、まずは人気審美歯科の公式サイトを見てあなたの審美歯科選びの参考にして下さいね低価格 オールセラミック歯 東京

東京の歯医者でなるべく安く高品質なオールセラミックの歯の治療を受けたいなら下記も参照

東京 歯医者 安い

セラミックの歯の種類、オールセラミックの歯の値段の相場は下記でチェック!

セラミックの歯の値段は!?歯科の自費のセラミックの詰め物なども合わせて解説

前歯を短期間でオールセラミックの歯でキレイに出来るセラミック矯正の事を知りたい方は下記もチェック!

東京 セラミック矯正 安い 審美歯科