「セラミックの歯」は歯科の保険適用外の治療で使う本物の歯を見分けのつかない陶器素材(セラミック)で出来た被せ物、詰物などの事を言います。

一般的に言えば、セラミックの歯と言えば、クラウン(被せ物)の事を指している事が殆どです。

現在、セラミックの歯を分かり辛くしている要因というのが、「セラミックの歯」と言った際に歯科金属の被せ物の上にセラミックを焼き付けたメタルボンドの事であるのか、若しくは歯科金属を使用をしていないセラミックだけで出来たオールセラミックの歯の事なのかがはっきり分かれていない事に由来をしています。

歯科業界的にはセラミックの歯と言った際には、「メタルボンド」の事であると認識をする事が多いです。それも、歯科医院・審美歯科によって異なるので一様に言えないのですが、平均的にそのように認識をされています。

しかし、行いたい治療が出来ないという事では意味がないので、歯科金属を使用をしていないセラミックの歯の治療を受けたいという場合いは、はっきりと「オールセラミックの歯」と言った方が安心であるという事はまず間違いありません。

現在的には、「セラミックの歯」という場合には既に過去の治療方法となってきているメタルボンドを連想をする歯科従事者、歯科関連事業者も少なくなってきている状況ですが、完全にメタルボンド自体に歯医者が入れ替わっているわけではないので、まだ半々と言ったところです。

けれども、既にメタルボンドの取扱いをしていないという審美歯科・歯科医院も出てきており、既に前歯をキレイにするような治療に於いてメタルボンドは過去のものとなっており、だんだんと姿を消していっているのが現状であり、わざわざ高い治療費を支払ってメタルボンドにするという人も少ないのが現状で、ほぼ完全にメタルボンドは無くなるものであるという事が予想されます。

スポンサーリンク

オールセラミックの歯の治療を受けたい際いは、はっきりとオールセラミックと伝えましょう

前述をしていますが、まだ歯科の中では「セラミックの歯で治療をしたい」と相談をした際に、メタルボンドの事であると思う歯医者も当然にいます。

なので、オールセラミックにもメタルボンドにもいづれにもとれる「セラミックの歯で治療をしたい」という相談の仕方をするのではなく「オールセラミックの歯で治療をしたい」とはっきりと伝える事で歯医者側が勘違いするとうようなトラブルを未然に防ぐ事が出来ます。

また、何か個人でもよほどメタルボンドの方が良いという思いなどがある方でメタルボンドを使った治療を受けたいのであれば、「メタルボンドの治療を受けたい」とはっきりと言うことで、歯医者側がメタルボンドの治療だと勘違いをするというすれ違いを回避をする事が出来ますから、何の治療がしたいのかという事を、はっきり明確に伝える事が重要です。

だから、オールセラミックで歯の治療を受けたいという方は、「オールセラミックで歯の治療を受けたい」としっかりと伝えるようにしましょう。

そのような点に気をつけて審美歯科・歯科医院のカウンセリングなどで相談をしましょう。

東京の歯医者でなるべく安く高品質なオールセラミックの歯の治療を受けたいなら下記も参照

東京 歯医者 安い

セラミックの歯の種類、オールセラミックの歯の値段の相場は下記でチェック!

セラミックの歯の値段は!?歯科の自費のセラミックの詰め物なども合わせて解説

前歯を短期間でオールセラミックの歯でキレイに出来るセラミック矯正の事を知りたい方は下記もチェック!

東京 セラミック矯正 安い 審美歯科