歯科のコンテンツを作成をしていると、やはり歯の寿命とか、年齢を重ねてどれくらいの歯が残るのかというような情報に当たる事があります。

よく言われるのが「天然歯を削るのは勿体ない」というような歯医者の言葉がありますが、これも無責任な話です。

例えば、前歯が大き過ぎて、さらに出っ歯というような歯並びであったとしても。それで、短期間で芸能人のようにキレイな歯並びにしたいという際にジルコニアセラミッククラウンを用いたオールセラミックの歯でセラミック矯正をしたいと望む方も多いです。

しかし、「歯を削ると歯の寿命が短くなる」とか「オールセラミックの歯にするために神経を抜くと歯がもろくなる」というような事をだけをゴリ押ししてあたかも歯を削らない事、美容目的でオールセラミックの歯の治療をしない事が最も良い事で、見た目は美しくなくても、天然歯が美しいのだというような論調で語る一方的なものを多く見受けます。

しかしながら、それは一方向の価値観でしかありません。その価値観をうのみにして若い年齢の今、人間として見た目も若く、年齢も若い時期に、最も美しく良い状態を作らず加齢をした際に他の同年代よりも少し歯の本数が多く生えている事に何の価値を求めているのでしょうか?

歯科というのは歯を専門に取り扱うもので、結局のところ歯科というのは学術的に発達をしたのは、「歯を長く残すためにどのようにすれば良いか」という事の追及ですから、歯を老齢になっても残すという事にあるのですが、通常の価値観はそのようなところにはありません。

老齢になっても自分の歯が他の同じ年齢層の人々よりもたくさん残っている事で優越感を感じたり、自分は幸福であると感じる人も少なからずいるかもしれませんが、正直なところ老齢になった際には男性にしろ、女性にしろ歯なんてものは若い際に歯科の治療を受けていない人であっても抜けるものです。

また老齢になった際には同じ世代の人同士では歯が抜けてしまったという事は珍しい事でも無くなってきます。だんだんと同年代同士でいる際に歯が抜けてしまっている箇所があるなんて事自体は特段恥ずかしいという価値観も無くなってきますし、部分入れ歯をしているという事自体も、そこまで恥ずかしいと思う事でもなくなってくるものです。

そのように加齢によって歯は全てを残せるものではないというのが極論なのです。老齢になった際に自分の歯でいる事はそれは素晴らしい事かもしれません。

しかし、あまりに老齢になった際にどれくらいの歯が残るかもわからないのにも関わらず、若年層であるときにあまりに老齢になった際に天然歯が何本残るかを気にして、若く見た目にも、肉体的にも美しい時期を歯のコンプレックスを持って過ごす事に価値があるでしょうか?

スポンサーリンク

老齢になってから同年代よりまばらに生えている自分の歯がほんの数本多い事はあなたにとって若いときの時間を犠牲する価値がある事ですか?

老齢になってから、まばらに生えている自分の歯の本数が同様の年齢の人よりも数本多いという事に何の価値があるというのでしょうか?

それよりも、若年層のときにオールセラミックの歯で審美治療をしてモデルのようにキレイな歯で、笑った顔もまるでモデルようにキレイな自分の若いときの写真が多く残っている方がどれほど価値がある事でしょうか。

私には、老齢になってから天然歯が同年代より数本多く残っているという事に重い価値を置く価値観を持ち合わせていません。それよりも若い時代に、美しく見えるようにする事が出来なかったという事の方がより老齢になった際に後悔をする可能性の方が高いと思っています。

肉体的な美しさ、若さ、容姿の美しさは加齢と共に失っていくものです。

現在の20代、30代というような時代は二度と戻ってはきません。その若いときの美しさや、若いときにしか出来ない体験も歯のコンプレックスがあったから出来なかったとか、それを老齢になってから、「あのとき、キレイにしておけば人間関係ももっと自信を持てたかもれない」と後悔をする人生の方がまっぴら御免です。

それも、老齢になってから同年代の人よりも自分の天然歯が数本多く生えているという状態にするために若い時代のキレイさを犠牲にするなんてのは、それの方が老齢になって歯を失うなんていうよりもリスクであるとしか思えません。

キレイで整っていた方が心理学的に言っても他社からの評価が上がりますし、実際には人との関わりなんていうのは心さえも見た目のイメージで判断をされて、上辺でやっていくというのがそもそも社会人というものです。その際に見た目で判断をされるというのが現実です。

そこを無視して心が・・・なんて言っているというのはよもや治せる見た目を治さずに、自ら損をしているのと何も変わりありません。

老齢になれば老齢になったでキレイな歯に見せる方法はある

老齢になればなったで歯をキレイに見せる、その年代にあった方法はあります。本当に自分の歯がないという状態にまで来てしまえば、総入れ歯にしても良いです。

逆に、総入れ歯はかなりキレイに見えます。老齢になって総入れ歯でも決して恥ずかしい事でもありませんから、そこまでコンプレックスにはならないでしょう。よもや、老齢になってから入れ歯多くのお金を使ったりするのは歯の事にそこまで気を使ってキレイに見せるための努力をしている、お金を使う事が出来るという生活水準に満足をする事がの方が多くなってくるでしょう。

若いときには審美治療のオールセラミックの歯でキレイにまるでモデルや芸能人のように整った白く透き通るような歯で過ごし、老齢になれば、老齢に相応しい歯科治療を受けその年代で比較をすれば、やはりキレイに見える状態にしていた方がどれほど人生を楽しむ事が出来るでしょうか。

結局のところどれだけ治療をしないようにしても、老齢になったらなったで、多かれ少なかれ残る天然歯なんて少ないのです。

また、インプラントの技術も今よりもさらに向上をしているでしょうから、噛めない入れ歯ではなくインプラントで自分の歯のように噛む事が出来る状態を老齢になっても維持し続けるという事も可能になっているでしょう。

もっと言えば、歯科の技術ではないより医療的な観点の技術も進むでしょうから、天然歯を生やす事だって現在の20代、30代くらいの年代の人が高齢者になる40年先くらいには実用化されている可能性も極めて高いです。

若年層の方で前歯にコンプレックス、歯にコンプレックスがあるなら治しましょう

若年層の方で天然歯を削る事になっても、やはり前歯がコンプックス、歯がコンプレックスという状態で精神的に良い状態ではないのであれば、「若いときにキレイなオールセラミックの歯にしておけば良かった」と後悔をしないようにした方が良いかと個人的には思います。

あなたが、天然歯を削ってオールセラミックの歯を装着せずに過ごしたとしても、老齢になってから全ての歯が全部キレイに使える状態を維持できるわけではありません。

なかなか、この事を指摘をしてオールセラミックの歯にする事を推奨をする歯医者はいませんが、美容的観点で行う以前に、天然歯を削ったり、歯を治療しなければ全ての歯が老齢になっても絶対に残るというのであれば、私自身も美容的観点で審美治療のオールセラミックの歯の治療なんてしない方が良いと言います。

けれども、審美治療をしようと、しまいと、いづれにせよ老齢になって残る自分の天然歯は他の同年代と比べて数本多くなる程度の事です。よもや、数本多く残るかもわからないというかなり不確定なものです。

でも、審美治療のオールセラミックの歯にした際に得られるのは、絶対的にオールセラミックの歯でキレイにした際のあなたの好む歯の形状、歯並び、歯の色、歯の質感を手に入れる事が出来るのです。

そして、若年層である、つまり若い時代の時間をコンプレックスなく楽しく、そして最大限にキレイで美しく過ごす事が出来て、若いときだからこそ体験をする事が出来る出来事や思い出がたくさん出来るのです。

しかしながら、逆に歯がコンプレックスとなっているのに審美治療を受けないという事で若い時代をコンプレックスで過ごすという事は、審美治療で美容目的のオールセラミックの歯の治療でほぼ確実に得られた歯のキレイさ、歯のコンプレックスのない生活で得られる思い出は得られず、老齢になってからあるのは治療をしなくても、してもどれだけ残るか分らない歯の、その時点でまばらに残っている自分の天然歯だけです(よもや老齢になってから天然歯がまばらにも残っているのかも不明)。

様々な価値観があると思いますが、個人的には、歯を治さないで老齢になってからの残るのか、残らないのかもわからない天然歯の事を考えてコンプレックスをそのままにして若い世代を棒に振る人生の方がよほどリスクであると感じます。

あなたは、どように思いますか?

よくよく、しっかり考えてみましょう。

高品質な審美治療をなるべく低価格で受けたい方は下記のバナーをクリックして、まずは人気審美歯科の公式サイトを見てあなたの審美歯科選びの参考にして下さいね低価格 オールセラミック歯 東京

モデル、芸能人、なども利用をするオールセラミックのジルコニアセラミッククラウンを用いた審美治療が低価格で受けられる東京で人気の審美歯科サービスの公式サイト→こちら

東京の歯医者でなるべく安く高品質なオールセラミックの歯の治療を受けたいなら下記も参照

東京 歯医者 安い

セラミックの歯の種類、オールセラミックの歯の値段の相場は下記でチェック!

セラミックの歯の値段は!?歯科の自費のセラミックの詰め物なども合わせて解説

前歯を短期間でオールセラミックの歯でキレイに出来るセラミック矯正の事を知りたい方は下記もチェック!

東京 セラミック矯正 安い 審美歯科