前歯の歯科の自費のセラミック治療を受けようとしている方で、歯科金属を使用をしてないオールセラミックの歯の治療は高額になるかと、少しばかり安く値段が設定をされているメタルボンドというセラミックの歯で治療をしようとしている方は本当にそれで満足ですか?

今、前歯をメタルボンドで治療をしようと思っている方は、多分、オールセラミックの歯が高額で、メタルボンドの方が多少安いという事でそれに決定をしようとしているのではないでしょうか?

歯医者に「メタルボンドは昔から使われている実績のあるものですから大丈夫ですよ」なんて言われていませんか?

確かに昔から使われていて、多くの方がメタルボンドで治療を受けているというのは嘘ではありませんが、オールセラミックの歯科の自費のものに比較をして良いものであるとは誰も言っていませんよね?

セラミックの歯の値段は!?歯科の自費のセラミックの詰め物なども合わせて解説

前歯にメタルボンドを使用をするのは、コンプレックスのはじまり

前歯にメタルボンドを使用をして歯科の自費治療を受けるというのはコンプレックスになる可能性が高いです。なぜなら、歯科金属の溶け出しによって、歯茎が黒くなるという事はほぼ避ける事が出来ないからです。

メタルボンドでも金属の溶け出しで歯茎が黒くならないようにする方法としては、使用されている歯科金属を18Kゴールドで作成をするか、もしくはチタンにするという事しかありません。

しかしながら、このような本当に安定をしている金属の溶け出しのない歯科金属を使用したメタルボンドの作成をすると、実際にはキレイさなどはオールセラミックの歯に劣るメタルボンドであるのに、オールセラミックの歯の値段よりも高くなってしまいます。

だから、本当に安心をする事が出来るより健康に害のない素材を使用をして治療をするという事になるとメタルボンドを使用をして治療をする人がいないのです。従って、メタルボンドで本当に安心をして治療を受けたり、金属アレルギーの心配のないものとするとオールセラミックの歯よりも高額になりコスパも良くないし、オールセラミックの歯に劣る審美性とぃう事になるわけです。

あなたが通っている歯科医院でメタルボンドがオールセラミックの歯よりも安く提示されているのでしたら、そのメタルボンドは間違いなく、パラジウム合金を使用をするか、若しくはニッケルと使うという事でメタルボンドを製作をするであろう事は間違いありません。

ジュエリーの金属で肌が荒れるなどアレルギーがある方は歯科金属も要注意

歯医者からそのメタルボンドの歯科金属に何を使用しているかは説明を受けましたか?

メタルボンドは単純に実績がある治療だから良いという事は言えません。

メタルボンドに良い実績があるというよりは、ただ単純に昔から使われているという事を言っているだけに過ぎませんから、それに対してオールセラミックと比較をして現段階で問題はないかという事に対して大丈夫と言っているわけではないという事を認識をして頂ければと思います。

また歯医者では「メタルボンドは昔から使われている実績のある治療だから問題ない」と言いながら、その歯医者は、あなたに対して、そのメタルボンドの歯科金属に何を使用をするのかという事をきっちり説明をしてくれましたか?

メタルボンドの歯科金属に何を使用をするのかという事をきっちりと説明をしている歯医者であれば問題はなく、あなたもオールセラミックよりもメタルボンドにするというデメリットを良くご理解をされているはずです。

しかしながら、歯科金属の説明をしないで「メタルボンドは実績のある治療だから心配ない」と言っている歯医者というのは誠意に欠けます。

メタルボンドで例え保険診療のパラジウム合金よりも多少良い金属を使用をしていたとしてもパラジウム合金を使うのですから、金属の溶け出しによる歯茎の黒ずみ、また金属アレルギーの弊害を受ける可能性というものは多かれ少なかれあるという事です。

お値段的にどうしてもメタルボンドで治療をしようとしている方はもう一度検討をして下さい

東京 歯医者 安い

あなたが既に歯科金属を使用していないオールセラミックの歯ではなく、自費でも歯科金属を使用をしているメタルボンドで治療をするという事で心が完全に決まっているのであれば、それで良いかとは思います。

しかしながら、出来ればオールセラミックの歯でやりたいけれども1本10~18万円なんてお値段では出せてもメタルボンドの5~8万円になってしまっているという方は、まだ検討の余地があります。

せっかく自費診療でメタルボンドでも5~8万円というような治療費を支払うという覚悟をしているようであれば、既に5~8万円は治療費にかけると決めているわけですよね。

でもメタルボンドに5~8万円の治療費を支払うのであれば、その費用で十分に高品質なオールセラミックの歯の治療を受ける事が出来る審美歯科サービスのオールセラミックの歯の治療も見て検討をして下さい。

東京、神奈川、大阪、名古屋で展開をされていますから東京だけではなく、他の県の歯科医院でも展開をしていますから、あなたのお住まいから近い県で治療を受けられるようであれば、問い合わせをしたり、相談をしたりする価値は十分にあるかと思います。

東京の審美歯科で低価格で人気 | 低価格審美歯科サービス

従来型の審美歯科では1本当たり15万円などのかなり高額な治療費を設定をしているオールセラミックの歯でも特に高品質と言われているデンツプライシロナ社のセルコンシリーズのジルコニアを使ったオールセラミックの歯が1本5万円に設定されています。

歯科の技術費として別途25,000-がかかりますが、何本治療をしてもこの歯科の技術費用は変わりません。

例えばセルコンのジルコニアで3本の治療をする場合には、3本分のジルコニアセラミックのお値段の15万円と歯科技術費25,000-で合計17万5,000-の治療費となります。

現在、メタルボンドにしようとしてあなたが通っている歯科医院のお値段より大変にリーズナブルではありませんか?

オールセラミックの歯の利点は、歯茎が歯科金属によって黒くなるという事がないという事に加えて歯科金属のアレルギーの心配もなく、またメタルボンドよりもより自然で高品質な素材であるという事です。

もし、あなたが今治療をしてようとしているメタルボンドの値段と、この記事で紹介をしている高品質なオールセラミックの歯の治療の値段がほぼ同じなのであれば、オールセラミックの歯にする事を見当をする価値は十分にあります。

メタルボンドは結局のところ、数年後に歯茎が黒くなってしまったりしてからコンプレックスになりオールセラミックの歯に取替えを希望をするという方が本当に多いです。それでは、結局はじめからオールセラミックにしておけば、もっと安く済んだというお値段になってしまうという事になりますし、また取替えにかかる時間も勿体無いです。

まだ、メタルボンドを装着をするための施術をしている段階であれば、まだ変更は間に合うので、この機会にもう一度じっくりと考えて出来る事なら、オールセラミックの歯の治療を受ける事にして頂ければと存じます。

また、この記事で紹介をしているオールセラミックの歯の治療を安く受ける事が出来る審美歯科サービスをオールセラミックの歯の治療を検討をするひとつの歯科医院としてして頂き、まだ複数の歯科医院をピックアップをしてオールセラミックの歯にする事をあきらめずに検討をして頂ければと思います。

当サイトで掲載をしている歯科の自費のオールセラミックの歯の治療を安く受ける事が出来る審美歯科サービスの紹介、詳細は下記の記事もご参照下さい。

東京の審美歯科で低価格で人気 | 低価格審美歯科サービス