口臭ケア商品を数多く使っているけれども、なかなか口臭が気になるという事が治まるという事がないという事で非常に悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

本当に色々と口臭を防ぐというような商品が出ているのですが、それでも口臭に悩んでいる人がいるというのはなんでなのか?という事を本当に不思議としか言いようがありませんよね。

しかし!!そもそも口臭ケア商品、口臭対策商品自体の使い方が間違っているのではないか?という事もあるわけです。

なぜ口臭ケア商品を使っても口臭が改善をしていかないのかという事を解説をしていきますね。

スポンサーリンク

なぜ、あなたの口臭は口臭ケアの商品を使用をしてもなくならないのか?

そもそも、口臭の起こる原因は何かという事を、しっかりと認識をしていますか?

歯周病の進行が口臭の原因であるという事は聞いた事があるかもしれませんね。では、さらに掘り下げて歯周病の原因って何でしょうか?

それは歯垢が溜まり、それが石灰化して固まった歯石が原因になるという事が多いです。この歯石はかなりの数の細菌が住んでいるのです。

残念ながら歯石は毎日の歯磨きや、口臭ケア商品で口の中の汚れを除去するみたいな商品を使っていても除去をする事は出来ません。これは、物理的にこそぎ落すしか方法がありません。

つまり歯医者で歯のクリーニングや歯石除去を受けるしか方法はないのです。

そもそも、口臭が気になり出してきたという方で歯石除去をしていないという方が圧倒的に多いわけです。だから、この歯石がたくさん溜まって歯に付着をしている状態で、その歯石が臭いを発している状態でいくら口臭ケア商品を使ったところで、口臭の原因となっている歯石は除去をする事が出来ていないのですから、口臭が改善をされていかないのは当然なのです。

ショッキング!歯石になる前段階の歯垢の臭いは排泄物以上の悪臭を放つ

ほんの少しの量の歯垢にも、数億の細菌がいます。そして、細菌の多くはタンパク質を分解する力をもっています。つまり、口の中の食べかすが持つタンパク質を歯垢の中の菌達が分解するのです。このときに、非常に臭いニオイが発せられるのです。

口の中で肉や魚が腐るのと同じ現象が起こっているという訳です。口臭の原因の80%以上がこのような歯を原因としているとも言われています。

引用元「どくらぼ」URL : http://doclabo.jp/contents/166

※上記引用元の「どくらぼ」が常時SSLに未対応のため、常時SSL対応の当サイトではリンクをする事が出来ませんので、リンクを致しておりません事をご理解下さいますようお願い致します

歯に固まって付着をする歯石になる前段階の歯垢の段階では、かなりの悪臭を放つのが歯垢です。

その歯垢が固まって歯に付着をして歯磨きではとれなくなった歯石にはたくさんの最近が住みついており、口の中で栄養素をとり、増殖をしていきます。

まだ歯垢の段階では歯磨きで充分にとる事が出来るのですが、歯石になってしまえば歯ブラシで取り去る事は出来きず、悪臭を放つ原因となる最近もその歯石の中におり、さらに歯垢が臭くなるという・・・なんとも悪循環なわけです。

つまり歯石が多いと、口臭が強くなる原因をずっと口の中に保有をしているという事にほかなりません。

だから、口臭が気になりだしたという時点で、口臭ケア商品では太刀打ちをする事が出来ないというところまで歯石が進行をしているという事だと認識をして頂くと良いでしょう。

口臭ケア商品を使った直後に口臭が多少なくなったとしても、すぐに口臭が出てくるというのは歯についた歯石に住んでいる細菌が原因という事なわけです。

歯石をキレイに除去をして口臭を防ぐにはどのようにすれば良いのか?

口臭ケア商品の効果が出ないのは、口臭の原因になる最近の住処になっている歯垢が固まって歯に付着をした歯石が原因であるという事はご理解をして頂けたのではないかと思います。

では、この歯石は歯磨きをしても除去をする事が出来ないとするのであれば、どのようにすれば良いのでしょうか?

それは、歯医者で歯のクリーニングをするという事で歯石を除去をする事が出来ます。良く聞く歯石取というやつです。歯石を取る事によってかなり劇的に口臭が減るという事を感じる事が出来るでしょう。

虫歯が少し痛いと感じたときにしか歯医者に行かず、もう数年歯医者にはお世話になっていないという方ですと大抵はかなり多くの歯石が歯に付着をしているという事が普通です。

個人差はあるにせよ、特に生まれつき歯の質は強く歯医者のお世話になるなんて事は本当に少ないという方は特に歯医者に行く機会がありませんし歯石と取った事がないという方もいらっしゃるので、そのような方は長年のたくさんの歯石が溜まっている事でしょう。

それが口臭を発している原因なわけです。歯医者に行けば、この歯石を取る事が出来るのです。この歯石除去は2~3ヶ月に1度程度の割合で行うだけで口臭の原因を除去をする事が出来るので口臭が劇的に減るという事になるでしょう。

歯のクリーニング、歯石除去の費用(お値段)

歯のクリーニング、歯石除去の費用(お値段)は、案外とお財布に優しいお値段で行う事が出来ます。

歯のクリーニング、歯石除去は保険適用で行う場合と、自費診療で行う場合の二つの場合があります。

その事について、下記に解説をしていきましょう。

保険適用での歯のクリーニング、歯石除去の費用 2,000~3,500円/1回(3割負担)

保険適用での歯のクリニーングで歯石除去を行う場合に、多くの方は保険適用で受ける事が出来ます。

これは歯周病治療の一環として行う治療行為のために、歯石除去も保険適用で受ける事が出来るという事になります。

少し注意をして頂きたいのが、あくまでの歯周病があるという場合に於いて保険適用をする事が出来るという事であって全ての人の歯石除去が保険適用に出来るという事ではありません。

しかしながら、現在は保険適用で歯石除去が出来ると言われる所以が、殆どの多くの方が何かしら歯周病を指摘をする事が出来るという現状から、一般的に保険適用が出来るという事です。

自費診療での歯のクリニーング、歯石除去の費用 5,000- ~ 25,000-

自費診療での歯のクリーニングのお値段というのは、歯医者ではエステのような感覚であるという事もあるので、それぞれの歯科医院で独自のメニューを用意をしているところも多く、お値段の幅も様々です。

ただ自費でも歯石除去だけの最低限のものであれば、5,000- ~ 8,000円程度で受ける事が出来る歯科医院も数多くあります。ただ、保険適用で歯石除去を受ける際に保険証を持っていなくて100%自費で受ける際のお値段より少し高く設定をしてある事が通常です。

なので、保険適用での歯石除去よりも、内容的により良い治療を付加をしているという事が一般的です。

ひとまず、歯石除去をしに歯医者へ行きましょう

歯石除去を行った事がない方や、もう数年歯医者に行っていないしクリーニングもしていない方は大抵は保険適用で歯石除去になる事が一般的です。

従って、費用としてはそこまで高額ではありませんし、また歯石除去だけであれば今後定期的に歯医者に行くとは言っても3ヶ月に1回程度の割合での歯石除去を続けていけば良いだけですから、年に4回程度ですからお財布にもたいした負担にはならないはずです。

口臭ケア商品をあれも効かない、これも効かないと言って色々なものを購入をし続けるよりもお値段を合計をすると歯医者で歯石除去をするコストの方がよほど安くなるという事も珍しくありません。

一度、お近くの歯医者に歯石除去をしてくれるか?という事について問合せをして予約とって歯石除去を受けてみて下さい。

次の日の朝に、すぐに口臭の違い、口の中の粘つきの少なさに気が付くはずです。