東京で高品質なセルコンのジルコニアを使用をしたセラミック矯正が低価格で受ける事が出来る審美歯科として人気の低価格な審美歯科サービスの公式サイト→こちら

短期間で歯並びをキレイにする方法としては、審美歯科の治療のひとつであるオールセラミックの歯を用いたセラミック矯正があります。

セラミック矯正とは、ようはオールセラミックの歯の被せ物で歯並びを全体的に改善をする方法です。

少なくとも前歯の上6本を行い、笑った際に見える範囲で最も目立つ前歯をキレイにオールセラミックで歯の形状、歯の色、歯の大きさを整える事で短期間でキレイにする事が出来るのです。

歯列矯正よりも短期間でセラミック矯正では歯並びを理想的な状態にする事が出来るので芸能人、モデル、イベントコンパニオン、ホステスなどの容姿で勝負をしていく職業の方に広く利用をされています。

ちなみに、セラミック矯正は保険適用で治療を受ける事は出来ません。その点について、当サイトでも詳しく解説をしてますので下記を参照して下さい。

セラミック矯正は保険適用になりません

高品質な審美治療をなるべく低価格で受けたい方は下記のバナーをクリックして、まずは人気審美歯科の公式サイトを見てあなたの審美歯科選びの参考にして下さいね低価格 オールセラミック歯 東京
スポンサーリンク

セラミック矯正はオールセラミックの歯を使用するべきです

セラミック矯正では、以前はオールセラミックの歯よりも治療費が安く設定をされているメタルボンドという金属の上にセラミックで本物の歯に見えるようにしたセラミックの歯で治療をしていました。

しかし、それはまだ金属を使用をしていないセラミックの歯の治療が認められていなかった頃の話です。現在は全てがセラミックで出来た金属を使用をしていないオールセラミックでセラミック矯正を行う事が通常です。

メタルボンドの詳細な解説は当サイトの他の記事で詳細してありますので下記を参照をして下さい

セラミックの歯(メタルボンド)とは?

メタルボンドでセラミック矯正を勧めてくる歯科医院はお話にならない

もし、あなたが審美治療を受けるという事で芸能人のように前歯をキレイにしたいという理由で歯科医院に相談をしているとして、その歯科医院が歯科金属を使用をしたメタルボンドを使用して前歯6本のセラミック矯正をするという事を勧めてくるとしたら問題です。

治療費自体はメタルボンドの方が安く設定されている事が多いので金額的に、あなた自身もメタルボンドで良いかと思うかもしれませんし、歯医者の説明自体もメタルボンドも従来から使われている高品質なセラミック治療であると説明を受けているかもしれません。

しかしながら、歯科金属の弊害、歯科金属のアレルギーの問題、歯科金属が溶け出して歯茎が黒くなるメタルタトゥーの問題などの説明を聞いていないというのであれば、あなたの相談をした歯科医院は全く信用に値しない歯医者です。

メタルボンドで前歯のセラミック矯正を行うなんて事はオールセラミックがある現在で正気の沙汰ではありません。

メタルボンドしかなかった時代はそれが良い治療でしから良いのですが、現在はそれよりも良いオールセラミックが実用化されているわけですから、メタルボンドも良いなんて説明をしている歯医者に通っているのであれば、即刻通院はやめた方が良いでしょう。

オールセラミック、メタルボンドの両方の説明をしている歯医者なら大丈夫

ただ、「メタルボンドも悪くはないけれども、オールセラミックの歯にしないと歯科金属の溶け出しがあるけれども、治療費的にはメタルボンドの方が安いですがどうしますか?」とあなたに適切なしっかりした説明をした上であなたに選択をしてもらうという形で説明をしている歯科医院・歯医者であれば問題はありません。

しかしながら、「メタルボンドの方が治療費的に安いし、従来的にもよく使用をされている高品質な審美治療がメタルボンドですよ」と一方的でしかもオールセラミックでの治療の事を隠しているような歯科医院・歯医者であれば信用に値しません。

高品質な審美治療をなるべく低価格で受けたい方は下記のバナーをクリックして、まずは人気審美歯科の公式サイトを見てあなたの審美歯科選びの参考にして下さいね低価格 オールセラミック歯 東京

セラミック矯正にメタルボンドよりもオールセラミックの歯を勧めるのは当然の事

メタルボンドよりもオールセラミックの方が治療費が高額に設定されている事が通常です。

歯科医院・歯医者のセラミック矯正の説明の際に、「オールセラミックの方が絶対に良い」「オールセラミックの歯の利点」などを説明されても、治療を受けたい当の本人は「高額なオールセラミックの方を勧めた方が儲かるからゴリ押ししてくるんでしょ?」と思う方も少なからずいると思います。

確かに、治療費が金属を使用をしたセラミックの歯であるメタルボンドよりもオールセラミックの方が歯科医院的には儲かる事は事実です。

しかし、メタルボンドよりも高品質で治療後の経過として歯科金属の弊害が起きないのですから、オールセラミックを用いたセラミック矯正の方が良いのです。だからオールセラミックの歯を勧めるのです。

メタルボンドを使用をしたセラミックで治療をした際には多かれ少なかれ前歯の歯茎が黒く変色をしてくるのです。それは歯科金属が溶け出して歯茎に染み込んでいくからです。

それは、保険のプラスチックの歯を前歯に入れている方も体験をした事があるという方もいると思います。

天然歯を削って行うセラミック矯正を行うのであれば、歯並びを短期間でキレイにしたいという事があるし、また容姿的に整えたいという思いがあるから、その治療を検討をしているはずですから、治療後に於いて、いづれ金属の溶け出しで歯茎が黒くなってくるというようなメタルボンドで治療をしても、あなたとしては良いという判断をしてメタルボンドにするのであれば、それは当人の自由なのですが、ただ利点や、より未来の事を考えて勧めるのであればセラミック矯正に使用をするのはメタルボンドを勧めるというのはあり得ない話なのです。

従って、もしあなたがセラミック矯正をしたいけれどもオールセラミックではなくメタルボンドでも充分なんでしょ?なんて思っていて、オールセラミックの歯でセラミック矯正をしようと提案をしている歯医者に不信感を持っているとしてら、それはあなたの考えが間違っている可能性の方が高いです。

ですから、もう一度よく検討をしてメタルボンドの歯科金属がいかに前歯のキレイさ、あなたの健康に於いて良い影響がないのかという事を情報を集めて検討をするべきでしょう。

メタルボンドで治療をしても問題のない人も一定存在します

「歯科金属の弊害を気にせず、歯茎が黒くなっても絶対に気にしない」という方であればメタルボンドでセラミック矯正を受けても問題ありません。

歯科金属の溶け出しが歯茎が黒くなろうと、金属アレルギーが未来で出ようと、それはあなたの責任ですからね。

でも、上記のような人はセラミック矯正を受けて前歯をキレイにしようなんて、思う事はありませんよね。

だから、オールセラミックを使用してセラミック矯正を受けるとう事以外に実は選択の余地は殆どありません。

それでもメタルボンドでも良いのでは?という事を思う人がいるのであれば、さらに情報を付け加えさせて頂きますが、本当に安心をする事が出来る金属アレルギー、歯科金属の溶け出しによって歯茎が黒くなるという状態がほぼ無いというメタルボンドも作れない事はありません。

高品質な審美治療をなるべく低価格で受けたい方は下記のバナーをクリックして、まずは人気審美歯科の公式サイトを見てあなたの審美歯科選びの参考にして下さいね低価格 オールセラミック歯 東京

本当に安全なメタルボンドを作るのはオールセラミックよりも高い

歯科金属にゴールド、チタンなどの高い金属を使用をする事がです。平均的に歯科金属は1本あたり3~5gを使用します。1グラム当たり歯科金属のゴールド、チタンの値段は5000~5700円です。

歯科医院があなたのセラミック矯正のためにほぼ完全に安心なメタルボンドを歯科技工士に作ってもらい歯科医院として買い取る値段は、金属だけで1万5000円(ゴールド3g)がかかっており、歯科技工料を含めた合計としては2万5000円程度となります。

それを、さらにセラミック矯正という歯科サービスを提供をするわけですから、歯科医院としての治療のサービス料金を設定して少なくとも赤字が出ないようにギリギリのラインに設定をしてもゴールドの歯科金属のメタルボンドであれば1本15万円は設定しないと赤字です。

ですが、現在のオールセラミックであれば、原価としてはどんなに良いオールセラミック素材、製作システムメーカーのものを使用をして高額な歯科技工料だとしても1本2万円程度です。つまりオールセラミックの歯の方が、そもそも安心をして使用をする事が出来るのに、安全なメタルボンドを作成するよりも高品質なのです。

それであれば、メタルボンドを使用をするメリットは現在的には全くないというのが現状です。

通常のメタルボンドの歯科金属はニッケル、ミロ、パラジウム合金という金属が殆どです。パラジウム合金はレアメタルに分類をされていて高額なイメージがありますが、高額な割にわざわざ自費診療でパラジウム合金を使用をした治療を受ける必要もありませんし、パラジウム合金が身体に影響がないと言われているものではありません。

歯科金属の弊害についても詳細に当サイトのコンテンツで解説をしていますので下記のコンテンツも参照をして下さい。

ジュエリーの金属で肌が荒れるなどアレルギーがある方は歯科金属も要注意

保険治療のプラスチックの歯に使われている歯科金属のパラジウム合金ですが、その保険治療のプラスチックの歯ので前歯の歯茎が黒くなってきたという事でオールセラミックの歯への取替えを希望をする方が増えているのですから、パラジウム合金だから良いメタルボンドなんて事は言えないという事です。

ですから、セラミック矯正を受けたいという際にはメタルボンドを選ぶという事は実は現在的には全くできないし、する必要性もなく、治療後の経過としてメタルボンドを審美治療で特に前歯で使うメリットはないという事が現在の審美治療の現状となっています。

これはセラミック矯正だけではなく、メタルボンドを使用をするか、オールセラミックの歯を使用をするかのメリット、デメリットの共通項目となります。つまり、現在的にはオールセラミックの治療を選択するべきという事なわけです。

まとめ

  • セラミック矯正は歯列矯正に比べて短期間で歯並びをキレイにする事が出来る
  • セラミック矯正で使用をするならメタルボンドではなくオールセラミックの歯が良い
  • 歯科金属の弊害はレアメタルと言われるパラジウム合金でも起こるのだからニッケル、ミロなんて合金はさらにダメ
  • 本当に安全なチタン、ゴールドなどを使用したメタルボンドは、最も高額なオールセラミックの素材、製作システムを使ったものより高額でメリットがない
  • 治療費が高額で儲かるからオールセラミックを勧めているわけではなくメタルボンドの方が弊害が大きい
  • メタルボンドを審美歯科のセラミック矯正に勧めてくる歯科医院があればやめた方が良い
高品質な審美治療をなるべく低価格で受けたい方は下記のバナーをクリックして、まずは人気審美歯科の公式サイトを見てあなたの審美歯科選びの参考にして下さいね低価格 オールセラミック歯 東京

東京の歯医者でなるべく安く高品質なオールセラミックの歯の治療を受けたいなら下記も参照

東京 歯医者 安い

セラミックの歯の種類、オールセラミックの歯の値段の相場は下記でチェック!

セラミックの歯の値段は!?歯科の自費のセラミックの詰め物なども合わせて解説

前歯を短期間でオールセラミックの歯でキレイに出来るセラミック矯正の事を知りたい方は下記もチェック!

東京 セラミック矯正 安い 審美歯科