歯をキレイにしたいなら歯医者に相談をしに行ってみましょう。

特に虫歯がなくても歯医者は様々な歯の相談、歯から起因するような病気の症状などの相談にのってくれますから、特段虫歯でなくても歯医者に予約をとる事で歯医者に通う事が出来ます。

何か違和感があるかもしれませんが、実際には定期的に歯の検診などをしに歯医者にはいった方が良いですし。また定期的に歯のクリーニングをして歯石をとったり、歯の着色汚れを除去したりとメンテナンスをした方がより健康的になる事が出来ます。

案外と口の中に病気などの原因になる細菌がいます。そのような細菌を繁殖をさせないためにも、歯を綺麗に保つのも歯医者に行けば解決をする事が出来るのです。

当サイト 口の中の細菌、歯周病、歯のクリーニングの重要性についての詳細→こちら

スポンサーリンク

歯並びを短期間でなるべく低価格できれいにしたいならセラミック矯正

歯並びを短期間でなるべく低価格できれいにしたいならセラミック矯正の事も知っておくと良いです。

セラミック矯正はいわゆる差し歯を使って人工的に理想的なきれいな歯の形状、色、大きさを実現をする方法となります。

よく芸能人などの前歯が差し歯とか言われていますよね?あれの事です。

当サイト セラミック矯正の一般的な値段の解説→こちら

セラミック矯正のメリット・デメリット

セラミック矯正のメリット

セラミック矯正は、前歯を削り、その削った歯の上にオールセラミックの歯で理想的な形状、色、大きさで作成をした歯を被せる事によって人工的に歯をきれいにします。

人工的にきれいにしたオールセラミックの歯を被せる事によって、歯並びを人工的に作るので効果が出ないという事は絶対的にありません。

また歯列矯正では一時的には歯並びが改善をするという事があっても、後戻りと言ってまた歯並び崩れてしまうという事もありますが、セラミック矯正では歯列矯正のように後戻りは起こりません。

そして短期間で理想的な歯の色、歯の形状、歯の大きさを作る事が出来るのでトータルに全てを改善をする事が出来る点がセラミック矯正のメリットとなります。

また短期間で歯並びをきれいに改善をする事が出来ますから、容姿に対してのコンプレックスの解消をする事が出来て、さらに容姿の見栄えはかなり変わり清潔感が出て洗練をされた雰囲気になりますので、施術後の方はその容姿の変化と歯の印象の変化に満足をする事でしょう。

セラミック矯正のデメリット

セラミック矯正のデメリットと言えば、やはり自分の天然歯を削らなければならないという事、また、セラミック矯正を行うために前歯の神経を抜く(抜髄)が必要になるという事が多いという事になります。

抜髄をしたからと言って、歯が抜け易くなるという顕著な歯のもちの違いがあるわけではないという事が研究によって理解をされていますが、神経を抜いた後の処置である根幹治療(歯内治療)の良し悪しによって歯のもちが変わってしまうという事が指摘をされます。

セラミック矯正は保険適用外の治療ですから、純粋なデメリットと言えるかは分かりませんが、値段が高いという事も一般的にはデメリットを言えるかもしれません。

セラミック矯正は保険適用になりません