セラミックの歯とは、何かについて解説をしていきます。

セラミックの歯とは、保険適用外のセラミックを用いた歯の事を言います。要は差し歯の事です。

本物の歯と見分けのつかないセラミックで製作をした歯の被せ物を使用して治療をします。なので保険の歯科金属を使った銀歯、また、保険の歯科金属の上にプラスチックで作成をした歯の硬質レジンジャケット冠と比較をして本物の歯を見分けのつかに治療をする事が出来るという事になります。

ただ、「セラミックの歯」というのは、明確には基準はないのですが歯科業界的な一般的な認識では現在多く使われている全てがセラミックで出来たオールセラミッククラウンの事を言っているのではなく、歯科金属の被せ物の上にセラミックで装飾をしたメタルボンドの事を指している事が一般的です。

言い方の点で明確に区別をしているわけではないので、もし、全てがセラミックで出来たオールセラミックの歯を使った治療をしたい場合には、明確にオールセラミックの歯で治療をしたい旨を告げた方が得策です。

歯医者によっては「セラミックの歯」と言えばオールセラミックの歯と思っている人も、またメタルボンドだと思っている人も混在をしています。

だから、歯科金属を使用したメタルボンドというセラミックの歯で治療をしたいのか、歯科金属を使用していないオールセラミックの歯を用いた審美治療を受けたいのかという事は明確に伝えた方が間違えもなくて良いです。

スポンサーリンク

歯科金属を使用したセラミックの歯のメタルボンドの性質、構造

メタルボンド

メタルボンドは、写真のように、金属の上に本物の歯に見えるようにセラミックで装飾をしてあるものです。

以前はメタルボンドが良く利用をされていましたが、現在的にはわざわざメタルボンドを使用して審美治療をするという事は殆どみられなくなってきています。

なぜなら、歯科金属を使用をするという事によって、歯茎に金属が溶け出し歯茎が黒くなるという事が起こる可能性があるからです。

保険のプラスチックの歯である硬質レジンジャケットにもメタルボンドのように歯科金属の上にプラスチックで歯に見えるように装飾をしてありますが、保険のプラスチックの歯で治療をした方で、歯茎の黒ずみが出てきて困っているという方もたくさんいらっしゃるのが現状です。

ですから、メタルボンドで前歯の審美治療をするという事は殆どありませんし、前歯でも問題ないとしてメタルボンドを審美治療で勧めてくる歯科医院・審美歯科に当たっているのであれば、信用をする事が出来ないと言っても過言ではありません。

オールセラミックよりも、メタルボンドの方が割れないは間違っている

よくメタルボンドの説明で、メタルボンドの方が割れないと言っている歯科医院とか歯医者、また歯科衛生士、歯科助手などがいますが、認識がかなりズレています。

構造上、メタルボンドにせよ、オールセラミックの歯にせよ実際に割れたり、エナメル質を再現した部位は口の中で食品に接したり、歯の食いしばりで衝撃、ストレスが与えられるという事に変わりはありません。

従って、セラミックという物理的な陶器材で出来ているセラミックの部位は、強度の強さには変わりはありません。歯科金属の強さで重要なのはブリッジというセラミックの歯を連結をするもので重要になります。

ただ、現在では歯科金属は金属アレルギー、歯茎の黒ずみなどの問題がありますし、また人工ダイヤモンドをセラミックの歯の一部に応用をしたジルコニアセラミッククラウンがありますから、特段歯科金属を使ったメタルボンドでブリッジにするというメリットもなくなりました。

従って、メタルボンドを審美治療に使うという事自体は殆ど必要ないという事になっています。

最も安全なメタルボンドを作成するためには、良い歯科金属を使用するという事が重要

歯茎の黒ずみ、歯科金属の溶け出しが起こらないようなメタルボンドの製作をする事も勿論出来ます。

歯科金属の中でも純度の高いゴールド、チタンを金属部分に使用をすればメタルボンドも安全性の高い金属アレルギーを気にする必要のないものが出来てきます。

しかしながら、そのような金属にする際には、例えばゴールドで作成をしたとしても1g当たり4000~5000円という金の相場に左右をされる事になります。一本のメタルボンドを作成する際には最小3gの歯科金属を使用します。すると金属だけでも1万2000~1万5000円という原価がかかります(大抵の場合は3g以上の金属を使用)。

そこの歯科技工士が作成に当たる際の歯科技工料金が1万円程度がかさなりますから、1本2万2000~2万5000円が歯科医院が実際に支払う事になります。そして、そのように特別な歯科金属を使用をした際に原価が2万2000~2万5000円をかけたとしたら、お客様に提示をする金額もメタルボンドと言っても1本15万円程度の治療費を設定する事が通常です。

現在的に良い素材のジルコニアセラミッククラウンを用いた審美治療を受ける際に高額なところでも15万円程度ですからメタルボンドを使用した審美治療を受けるメリットはありません。

だから、現状では既にメタルボンドで最も歯科金属の影響のないものを作成をしてわざわざ治療を行うメリットは全くないと言っても過言ではありませんので、通常審美治療を行っている歯科医院・審美歯科では「メタルボンドの方が割れなくて良い」というような説明をする事はありません。

逆にそのようにメタルボンドを説明をしているとすれば、信用に値しないと言っても過言ではありません。

強さと審美性を兼ね備えたオールセラミックの歯であればジルコニアセラミッククラウン

東京 人気 審美歯科

ジルコニアセラミッククラウンの審美治療が東京で安く受けられると人気の審美歯科サービスの公式サイト→こちら

強さと審美性を兼ね備えたオールセラミックの歯であれば、ジルコニアセラミッククラウンを使用したものが良いでしょう。

ジルコニアセラミッククラウンはメタルボンドで歯科金属が使用されている部分に、人工ダイヤモンド素材のジルコニアを使用をしてセラミックの強度を補強をしたものです。

もちろん人工ダイヤモンドの硬さ、強度を誇りながら歯科金属のアレルギーの心配もなく、またメタルボンドよりも本物の歯と見分けのつかない治療を行う事が可能となっています。

このジルコニアセラミッククラウンの治療で、特に日本の厚生労働省からはじめて歯科用ジルコニアとして認可を受けた信頼性・安全性の高いセルコンのジルコニアを用いたジルコニアセラミッククラウンを用いた治療が東京の審美歯科で低価格で受けられると人気の審美歯科があります。

もちろん、通常の審美歯科、歯科医院では1本15万円というように高額な治療費が設定されているようなものと品質は変わりませんから、かなりお得感があります。

通常の良いと言われているものを、低価格で提供出来るようにしていますから、勿論人気がありますから、審美治療が高額で困っているという方は、この機会に審美治療を検討をしてみて下さいね。

 

高品質な審美治療をなるべく低価格で受けたい方は下記のバナーをクリックして、まずは人気審美歯科の公式サイトを見てあなたの審美歯科選びの参考にして下さいね低価格 オールセラミック歯 東京