若い頃はそんな事はなかったのに・・・20代の後半頃からだんだんと朝起きると口臭が気になるようになっていませんか?

口の中がネバネバ・・・口の中の水分が随分と少なくなってきている気がするなど、20代後半くらいからかなり気になってくるという事があります。

その原因となっているのが、口の中の細菌である場合が案外とあります。

手っ取り早く、口臭に即効性のある治療が歯のクリーニングを受ける事です。いわゆる歯石除去を受ける事で、口臭、口のネバネバなどの改善をする可能性が高いです。


歯石は細菌の住みか

歯に歯石がつくというのは歯についた「歯垢(しこう(プラーク))」が唾液の中のカルシウム、リンと反応をする事で歯石という塊(かたまり)になります。

歯石は歯磨きでは落とす事が出来ません。なので歯垢が固まって歯石になる前に歯磨きを毎日しっかり行うという事が非常に大切な事になってくるのです。

歯石は多くの細菌の住みかになりますから、口中の歯垢には細菌がたくさん存在をしており、繁殖をしていく事になります。口は食べ物を摂取したり十分に栄養が行き渡りますから、細菌の繁殖も早いといわれています。

この細菌が口の中から身体に摂取されて、血液中に細菌が乗り身体のあらゆる部分に影響を及ぼすと言われているのも、このためです。

歯石がある事での直近の不調で言えば歯周病による歯茎の炎症、酷い口臭が出る事があります

歯石を放っておく事での不調として最も最初に現れるのが口臭、歯茎の炎症が起こる歯周病になります。

歯周病では歯茎がぶよぶよになって重度の場合には歯が抜けてしまうという事もあります。

また歯周病で炎症が起きた事によって、さらに細菌が増殖をして、その細菌が血液に乗り全身に運ばれる事で、歯科とは関係のない医科分野の病気の原因になったりします。

原因としては口から発生をするものですから、医科分野で治療を受けても口の中から医科分野の症状の原因になる細菌を取り除かない限り治療が長引き、一時は症状が良くなっても、また発症をしてしまうという可能性も指摘をされています。

歯周病の細菌などが引起すと言われている医科分野の病気は、糖尿病、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、早産など、殆ど考えられる全ての病気の原因となってる可能性があるという事が近年では示唆されています。

このような事があるために、身体の健康というのは全て口が原因と言われるわけです。

胎児にも影響をする歯周病

自身の健康という点でも重要なのですが、それ以上に現在、妊活をしてお子さんを授かろうとしている女性の方、または妊娠をしている女性の方も歯のクリーニングは大変に重要です。

歯周病までに進行はしていない状況であったとしても、お子さんがお腹の中にいるときに口の中の細菌は血液によって全身に運ばれますから、胎児にもその細菌は回っているという事も指摘をする事が出来るのです。

ですから、お子さん授かりたい、若しくは既に妊娠をしたという方であれば、お子さんの事を考えるという意味でも口の中をキレイにして歯周病菌などが身体に取り込まれないようにしておく事をしっかりと行う事が大切です。

また美容という点についての勿論重要な事になってきますから、自身の身体と健康のために行う口のクリーニングは、他の全てに良い影響を与えるものですから、やっておいて全く損をする事はありませんから、この機会にお近くの歯医者に行くなどをして歯石の除去をしましょう。

身体に入と良くない物質の摂取経路はほぼ口からだからこそ・・・口腔内を清潔にしていきましょう

身体に良くない物質を人間が取り込むという際には、ほぼ口から摂取をしたものの中に、その原因があるわけです。

例えば食中毒になる際には食べ物を口から摂取をする事で起こりますよね。手で食中毒の細菌が繁殖をしている生肉を触ったからと言って皮膚から食中毒の感染が起こるわけではありません。

何かしら口から入っていくわけです。

つまり、身体に悪影響を及ぼすものが身体に入る際の経路は圧倒的に口を通してという事が多いのですから、口の中で細菌が繁殖をしている状態であれば、それは身体に良くないという事は自明の事実であるという事です。

なので、普段の歯磨きでは取ることが出来ない歯石をそのままにしておく事は良い事ではありませんし、歯石はいくらキレイに歯磨きをしていても、どうしても多少なりともついてしまうものですから定期的に歯石除去を歯医者で行うという事は大変に重要です。

一度歯石の除去、歯のクリーニングを定期的に行う事での体調の変化を体感をしてみて、その後も歯のクリーニングを続けるのかどうかを決めれば良いでしょう。

歯のクリーニング自体は多くの場合が保険適用で受けられ1回3000~3500円程度ですから、そこまで大きく負担がかかるものではありませんので健康管理のひとつとして定期的に行う事で医療費削減にも繋がると考えられます。

この機会に、歯のクリーニングに行くこと、また定期的に歯のクリーニングを行うという事を検討をしてみて下さいね。