セラミックの歯は歯科の自費診療で受ける事が出来る、本物の歯と見分けのつかない高品位なものです。保険治療の銀歯では金属アレルギーの心配や、見た目が良くないという事がありますが、セラミックの歯は耐久性も十分にあります。

「セラミックの歯」は歯科の自費診療になるので、つまり、健康保険の適用は出来ない治療となります。

また前歯を保険のプラスチックの歯で治療をしている方もいらっしゃると思いますが、セラミックの歯であれば保険のプラスチックの歯と異なり変色をする事がありませんので、長い期間自然に本物の歯と見分けのつかない性能を発揮し続けます。

そのセラミックの歯について解説をして参ります。自費診療のセラミックの歯にしたいという方に是非参照をして頂きたいコンテンツに仕上げました。セラミックの歯の治療を受けたいとお悩みの方にも必見の内容です。

スポンサーリンク

前提知識:「セラミックの歯」「オールセラミックの歯」って別物なの?

本物の歯と見分けのつかない歯にする際に、使用されるのがセラミックの歯です。

実はセラミックの歯と言った場合には「メタルボンド」と言われる以前はよく使用をされていた歯科金属を使用をした「セラミックの歯」を指す事が一般的でした。

そして、主流となり歯科の自費で最もよく利用をされるのが「オールセラミックの歯」となっています。オールセラミックの歯は、メタルボンドとは異なり、歯科金属を使用せずセラミックのみで被せ物を作ります。

歯科の自費診療、保険診療は何が異なるの?

現在的には「セラミックの歯」と言った際にはメタルボンド、オールセラミックのいづれも含まれるから伝え方に注意

現在的には「セラミックの歯」「オールセラミックの歯」という区別はせずに語られる事が多いです。

歯科医院で実際に相談をする際には、「セラミックの歯」と言った際には「メタルボンドの事」だと歯医者が思ってしまい、実は本人的にはオールセラミックの相談であるのにメタルボンドで話が進んでしまうというような危険性がありますから「金属を使わない自費のセラミック」などのように、かならず歯医者が完全に勘違いをしないような相談の仕方を覚えておく必要があります。

これは歯医者側が良くないという事でもなくお客様が知らないのがいけないという事でもなく、実際のところは「メタルボンドをセラミックの歯」と呼ぶとか、オールセラミックはオールセラミックなどの言葉の定義は曖昧なのです。

歯科金属を使用しない「オールセラミックの歯」がなかった時代には「セラミックの歯」と言えば歯科金属を使用したメタルボンドしかなかったので、後発的に開発をされた歯科金属を使用しないセラミックの歯をオールセラミックの歯と一応区別をしているくらいに過ぎないのです。

だから歯科金属によるアレルギーなどの心配はもなく、より本物の歯と見分けのつかない繊細な歯を作る事が出来ます。前歯が破損をしてしまったなど、特に目立つ前歯にはオールセラミックの歯で治療をしたいものです。

「セラミックの歯」の値段の相場は?どのような「セラミックの歯」の種類があるの?

1:ジルコニアセラミッククラウン

セルコンジルコニア

ジルコニアセラミッククラウンは外側は通常のセラミックで製作をされていますが、内側に人工ダイヤモンド素材のジルコニアを用いて強度を補強をした被せ物(クラウン)です。人工ダイヤモンドの強度がありますから、奥歯にも問題なく利用をする事が出来ます。また、オールセラミックの歯でブリッジを作る際にはジルコニアセラミッククラウンを使う事が一般的となってきました。

メリット

従来型のオールセラミックの歯よりも、さらに強く繊細に製作をする事が出来るので本物の歯と見分けのつかない自然な仕上がりを実現をする事が出来ます。奥歯でも十分な強度を持っているので強い噛み締めにも耐える事が出来るオールセラミックとなっています。

デメリット

デメリットとしてはジルコニアセラミッククラウンの取替えが必要となった際に、人工ダイヤモンド素材だからこそ、かなり外しづらいという事があげられます。

費用

8~25万円/1本

主な対応素材メーカー

  • デンツプライシロナ社:セルコン
  • イボクラール社:IPSシリーズ
  • ノリタケポーセレン:カタナ
  • 3M社:Lava
  • ノーベルバイオケア社:プロセラ

歯科 ジルコニアセラミック メリット

2:フルジルコニアクラウン

フルジルコニアクラウンは、全てを人工ダイヤモンドのジルコニアで製作をするオールセラミックの歯です。

ジルコニアのブロックをCAD/CAMで削り出す製作方法が一般的です。ジルコニアセラミッククラウンの廉価版で殆ど使いものにならないオールセラミックだと思って頂いても良いです。

歯科医院であまりフルジルコニアを使用をしない理由としては原価が高いのに、出来るジルコニアの歯の見栄えも良くないとう事もあり、お値段を通常のジルコニアセラミッククラウンより安くする歯科医院が多いのですが、それでも選ぶ価値もない素材です。

メリット

メリットと言えるメリットはありません。強いてメリットと言えば、歯科金属を使用しないオールセラミックの歯の中では安く入られる値段設定がなされている事が多いという事です。

デメリット

繊細な色づけをする事は出来ず、見た目としては保険のプラスチックの歯よりも違和感が大きいです。

費用

3~8万円/1本

主な対応素材メーカー

  • デンツプライシロナ社:セルコン
  • イボクラール社:IPSシリーズ
  • ノリタケポーセレン:カタナ
  • 3M社:Lava
  • ノーベルバイオケア社:プロセラ

3:IPS e.max (オールセラミック)(ガラスセラミック)

IPS e.max オールセラミック 歯

IPS e.maxはイボクラール社のオールセラミック素材、製作システムの総称です。前歯、奥歯共に利用をされているオールセラミックの歯の素材です。本物の歯を見分けのつかない繊細なものを作る事が出来ます。ブロックを削り出して作るタイプのものですが、そのブロックの色の種類も多く、自然な仕上がりを実現をしています。

前歯を薄く削り歯の表面にセラミックは貼り付けて歯をきれいにするラミネートベニアの薄いチップを作成をする場合いにIPS e.maxで製作をされる事がかなり多いです。

メリット

ジルコニアに比べても製作コストが低く、目立つ前歯などに利用をする事が出来ます。耐久性も高く硬さについても天然の歯に近い硬さをしていますので、対面する歯を痛める心配もありません。

デメリット

奥歯にも使えるとは言われるものの、やはり突発的な衝撃により奥歯では不安もあり奥歯では心配があります。また、ブリッジも出来ますが、奥歯の欠損のブリッジには強度的に不安があります。

費用

オールセラミッククラウン:8~13万円/1本

ラミネートベニア:5~10万円/1本

インレー(詰め物):3~5万円/1本

主な対応素材メーカー

  • イボクラール社

4:メタルボンド(歯科金属を使用をしたセラミックの歯)

メタルボンド

メタルボンドは、セラミックの内側に歯科金属を使用をしたセラミックの歯の事を言います。中が歯科金属になっているので強度もあり、奥歯のブリッジにも安心を使える利点があります。

ただ、ジルコニアセラミッククラウン、IPS e.maxなどのオールセラミック製品より審美製は劣り、また本当に安全で安定をした歯科金属のゴールド、チタンなどを使って作成をすると通常のオールセラミッククラウンよりも高額になるために、昨今では利用価値は激減をしています。

メリット

オールセラミックよりも安価になっている事が多く、オールセラミックよりも低価格で治療を受ける事が出来ます。また、どうしても金属の強度を必要とする限られた治療にも利用をする事が出来ます。

デメリット

歯科金属を使用をするため、保険のパラジウム合金を使用をするのと殆ど変わらない弊害があります。歯茎の黒ずみ、金属アレルギーの原因となります。

金属の溶け出しの少ないゴールド、チタン、などの歯科金属を使ってメタルボンドを製作をする事も出来ますが、その場合には極端にオールセラミック製品よりも高額になるために、既にメタルボンドは実用性に問題があると言えます。

費用

5~15万円/1本

5:ハイブリッドセラミック(歯科金属を内側に使用したセラミックとプラスチックの混じりもののクラウン)

ハイブリッドセラミックは、セラミックとプラスチックを混ぜた素材です。原則は自費診療の素材ですが、ハイブリッドセラミックに限っては保険適用にする事が出来る場合があります。

ハイブリッドセラミックはセラミック素材の審美性とプラスチックの柔らかさを程よく持っており天然の歯に近い硬さであると言われています。

しかしながら、メタルボンドと同様に内側に歯科金属を使用をしていますから、メタルボンドを同様の金属アレルギーの弊害もあり、自費でわざわぜハイブリッドセラミックを行うメリットは殆どありません。

ハイブリッドセラミックの保険適用箇所

  • 前から4番目、5番目の歯をハイブリッドセラミックの保険適用の対応箇所となります

それ以外の部位はハイブリッドセラミックは全て保険適用外の自費診療となります。

ハイブリッドセラミックの費用

保険適用:9000円/1本(3割負担)

保険適用外:3~10万円/1本

簡易な治療方法の解説

セラミックの歯を用いた治療方法は、そこまで多くはありませんがイメージが掴みづらいと思いますので、ここで簡易に解説をします。

色々な種類があると思われかもしれませんが、実際にはそこまで多くの種類があって複雑になっているわけではありません。

1:これが治療の基本!歯を削り、オールセラミッククラウンを被せる

720オールセラミッククラウン

ごく簡単に言えば、「治したい対象の歯を削り、セラミックの歯を被せられる状態にして、好みのセラミックの歯を被せる」という工程になります。

詰め物の場合には、「治したい対象の歯の詰め物を取り除き、取り除いた部分にセラミックの詰め物を装着をする」という事になります。

2:自分の歯で被せるための土台が作れない場合にはコアという土台を立てます(差し歯)

差し歯

自分の歯でどうしてもコア(土台)を立てる事が出来ないという場合があります。その場合には、コア(土台)になる部分を歯根に差込みコア(土台)を作り、その上にオールセラミックの歯の被せ物をします。

いわゆる差し歯と言われているのは、この方法でオールセラミックの歯を入れた場合です。

あまりに重度の出っ歯、捻転、などの場合にはコア(土台)はほぼ必須

あまりに重度の出っ歯、捻転などの歯の場合には、歯を削って土台を作っても、そもそも、その歯の向きが正常ではありませんから、コアを立てる事で正しい向きにして、その上にオールセラミックの歯を被せるという必要性があります。

コア(土台)も種類があります!

1:ファイバーコア(保険適用外:1~3万円/1本)

保険適用外の素材です。ファイバーコアはキレイで、オールセラミックのように透過性が高いものでも影響なく高い審美適正を持っているコアです。

2:レジンコア(保険適用:500円程度/1本、保険適用外3000~15,000円/1本)

保険適用の治療でも使用をされるプラスチック素材のコアです。歯を削る量を少なくする事が出来るという利点があり、メタルコアよりも歯根に対する負担が少ないと言われています。

4:ゴールドコア(保険適用外15,000~30,000円)

ゴールドはコアは歯科金属の中で保険適用外の素材ですから、保険が適用される事はありません。安定をした20Kゴールドの合金などを使用をしますから、金属アレルギーのリスクは極めて低いです。

5:メタルコア(保険適用素材)

メタルコアは保険適用のコアとなっています。費用の負担は軽いのですが、この土台をそのまま使用をして新しくオールセラミックの歯を被せると、メタルの色が透けてしまい、せっかくのオールセラミックのキレイを損なってしまいます。また金属アレルギーや歯茎の黒ずみの原因ともなりますから、オールセラミックの歯の治療をする際には、ファイバーコアに交換をする方が大半です。

オールセラミックの歯にするべき理由のまとめ

1:見た目の良さで天然歯と見分けがつかない治療が出来るから前歯も違和感なし!

オールセラミッククラウンなら天然歯と見分けがつかない治療が出来るので前歯のセラミック矯正など、美しさを追及をした治療を行う事が出来ます。

やはり見た目に影響を大きく及ぼす前歯は、本物の歯を見分けのつかないオールセラミックの歯で治療をした方が、ご自身としてもコンプレックスにならないので、オールセラミッククラウンでの治療をした方が良いという事が言えるでしょう。

2:オールセラミッククラウンなら歯科金属のアレルギーの心配なし!より健康的で美容にも良し

歯科の自費診療の素材では、メタルボンド、ハイブリッドセラミックなどの内側に歯科金属を使用をされているような治療では金属アレルギーの心配、歯茎の黒ずみがあります。

けれども、オールセラミッククラウンであれば、そのような心配はありませんから、オールセラミッククラウンを用いた審美治療を受ける事がでより健康的にいらるでしょう。

ジュエリーの金属で肌が荒れるなどアレルギーがある方は歯科金属も要注意

3:オールセラミッククラウンなら歯科金属の溶け出しによる歯茎の黒ずみもないからコンプレックスにならない

特に前歯に保険のプラスチックの歯などを使用をしたり、また前歯を歯科金属を使用をしたメタルボンドを使って治療をした方は、歯茎の黒ずみが気になってきたり、コンプレックスになってしまう事があります。

メタルボンドは歯科の自費診療に当たるセラミックの歯ではありますが、歯科金属を内側に使っているセラミックの歯であるので、前歯に使用をするのは避けたいところです。前歯の治療をするのであればオールセラミッククラウンを使用をした治療を受けた方がより良いです。

4:見た目の美しさが持続をし、長持ち

オールセラミッククラウンの歯というのは、見た目の美しさが長持ちします。保険のプラスチックの歯、またハイブリッドセラミックでは、やはり変色をして違和感が出てきてしまうのですが、オールセラミッククラウンであれば、そのような変色を起こす事はありません。

だから、オールセラミッククラウンでの治療をする事で、歯茎が加齢によって下がってこない限り、ずっとキレイな見た目で使い続ける事が出来ます。

オールセラミッククラウンでの治療費が高額過ぎてお困りの方は

東京の審美歯科で低価格で人気 | 低価格審美歯科サービス

オールセラミッククラウンでの治療費が高額過ぎてお困りの方がいらっしゃると思います。

その際には、当サイトで中心的にご紹介をしている人気の審美歯科サービスの公式サイトも確認をして下さい。この審美歯科サービスであれば、高品質なオールセラミックの歯のセルコンのジルコニア、イボクラールのIPS e.maxを安く受ける事が出来ます。

セラミックの歯、オールセラミックの歯の治療を安く受ける事が出気る人気審美歯科サービスの公式サイト→こちら

スポンサーリンク